Saadia Zahidi

Managing Director, World Economic Forum

BA in Economics, Smith College; MPhil in International Economics, Graduate Institute Geneva; MPA, Harvard University. With the World Economic Forum: Economist (2003-2005); Head of Gender Parity Programme (2005-2011); Head of Civil Society (2008-2011); Head of Employment and Gender Initiatives (2013-2016); Head of Education, Gender and Work (2016-2018); currently Head of Centre for the New Economy and Society and Member of the Managing Board. Co-Author of Forum reports on Human Capital, Gender Gaps and Future of Jobs. Author, Fifty Million Rising (2018). Recipient of honours and awards, including: BBC 100 Women (2013 and 2014); Financial Times/McKinsey inaugural Bracken Bower Prize (2014); longlisted for FT/Mckinsey Business Book of the Year (2018). Interests: future of work, education and skills, income inequality and using big data for public good.

Articles les plus récents

JRS2020

新型コロナウイルス感染拡大により加速する「仕事の未来」の到来 - 労働者を守るためにすべきことは?

ここ数年、第四次産業革命による技術の変化に促されて、「未来の働き方」がますます現実のものとなってきています。新たに誕生した最先端技術が、さまざまな産業や職務において、作業プロセスの自動化をもたらし、新たな機会を創出しています。そこに、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が発生し、これらの変化に一層拍車がかかりました。

28 oct. 2020
La Grande Réinitialisation

公的資金投入による救済措置が、未来の経済に及ぼす影響

世界経済フォーラムが毎年発表している「国際競争⼒レポート」の2019年版では、141ヵ国の政府の将来への備えを評価しましたが、ほとんどの国において、この指標をはじめとする重要な長期的指標が低下していることが明らかになりました。パンデミック(世界的大流行)によるロックダウンが世界経済に大きな打撃を与え、さまざまな機関の不備が露呈した結果、「より大きく、そして大胆な政府」が必...

26 juin 2020
COVID-19

働き方の未来:新型コロナウイルスからの回復後に、労働市場をリセットする5つの方法

2020年のメーデー(国際労働者の日)は、新型コロナウイルスの大流行により、労働市場に壊滅的被害が生じている最中に訪れました。国際労働機関(ILO)の予測によると、パンデミックの影響により、世界30億人の労働人口のうち、半数近くが生計の手段を失う危機にさらされています。

22 mai 2020
Précédent
1/13